コラーゲンの常識非常識をまとめました

エイジングケアで人気のコラーゲンは意味無いの?

コラーゲンを摂取するとどのような効果があるのか

コラーゲンは、口から摂取すると肌のハリを保持したり、関節の痛みを取り除いてくれると言います。
口コミで人気となっている成分です。
ですが、本当に健康や美容で、アンチエイジング効果があるかは明確になっていません。
それではコラーゲンをサプリメントや健康食品で摂取しても意味は無いのでしょうか?

コラーゲンはタンパク質です

コラーゲンはタンパク質の一種で、グリシンとプロリンと言うアミノ酸単体の物質と、ヒドロキシプロリンと言うプロリンが水酸化された物質でできています。
タンパク質は、口から摂取すると、単アミノ酸や2個から3個のアミノ酸(ペプチド)に分解されてから、体内に吸収されます。
そのため、口から摂取しても、そのままの形で体内に吸収されるわけではありません。
さらに、分解された後のアミノ酸は、皮膚を作るための細胞に取り込まれることはありません。
大量に摂取したとしても、体内の成分を補給したり生成したりして、肌のハリを保持または改善されるとは限らないと言うことです。

コラーゲンを取ると起こる変化

ですが、絶対にエイジングケアや健康・美容効果が無いと言う訳ではありません。
コラーゲンが分解された後にできるヒドロキシプロリンは、繊維芽細胞(皮膚のコラーゲンを生成する細胞)を活性化させる効果があります。
口から摂取すると、ヒドロキシプロリンペプチドの血中濃度が上昇することがわかっており、その際、ヒドロキシプロリンペプチドが損傷した繊維芽細胞を活性化させて、再生を促進する効果があるとされています。
このように直接、肌にコラーゲンが届くことはないにしろ、援用的な効果は期待できるのです。

ビタミンCをいっしょに取ろう

ヒドロキシプロリンは、元から組み込まれているのではなく、体内でビタミンCを使ってアミノ酸に付加されています。
そのため、ビタミンCが不足した食生活を続けていると、正しくコラーゲンの合成が行われず、体調を崩してしまいます。
コラーゲンのサプリメントで、ビタミンCがいっしょに配合されているのはこのためです。
このようにコラーゲンの合成にも、ビタミンCが必要となりますので、ビタミンCの摂取もあわせて行うことが大切です。
ビタミンCは美顔器の化粧水や美容液でも多く含まれていますが、これも健康的な肌作りのためだと言えるでしょう。
アンチエイジング目的で使用する人は、上記のことを理解しておくとよいでしょう。

最新投稿